暮らしと葬儀を考える会

定年退職者が集う終活を考える社会人サークル

家族葬を行うにあたり、気を付けたほうが良いポイント

家族葬と密葬は全くの別物です

「家族葬」とは、家族・親戚などのごく近い方々だけで行う葬儀で、別名「身内葬」と呼ばれることもあります。
良く似たものに「密葬」がありますが、最も大きな違いは、別に本葬を行うかどうかです。
密葬の場合は、通常、別に本葬が行われます。
例えば、有名人や企業の要人などが亡くなった際「密葬で」と報道されることがありますが、別に社葬やお別れ会といったものを行うことがありますね。
それに対し、家族葬の場合は、基本的にそれのみで完結します。

家族葬を選択する遺族が増えています

近年、身内だけで落ち着いてお別れしたい、という考えから、家族葬を選択する方が増えてきています。
確かに、故人を失った悲しみの中、面識のない会葬者に気を使うのは、遺族の負担も大きいものです。
また、形式にとらわれず、故人の好きな音楽を流すなど、遺志に沿う形で行えたり、ゆっくりと故人を見送ることができるのが最大の利点です。
また、病院や施設で亡くなる高齢者の増加や、平均寿命が延びたことで、会社をリタイヤしてから亡くなるまでの期間が長くなって、職場関係者の参列が減少するといった社会的な背景もあります。
そういった事柄も、選ばれる理由の一つとなっているでしょう。

誰を呼ぶか、どこまで伝えるかの判断は慎重に

しかし、行うにあたっては、気を付けなければいけないポイントもあります。
自由度が高い分、どの親戚まで呼ぶ、といった明確な範囲がありません。
そのため、のちに親戚から、呼ばなかったことをなじられたり、近所の方から「当然行くつもりだった」ということを言われて、悲しい思いをする方もいらっしゃいます。
中には、誤ったイメージから「費用が安いからそうしたのだろう」と、あらぬ誤解をされてしまう場合もあり、悩みの一つです。

葬儀は家族だけのものではないことを思い出しましょう

トラブルをできるだけ避けるためには、思いつく近い人に、念のため電話で「故人が死亡したこと」「ごく身内だけとすること」「この形式は故人の遺志であったこと」などを伝えると良いでしょう。
必要があれば「香典は辞退したい」という旨を伝えてもいいですね。
また、連絡については、全てが終了した後で、お世話になった方に書状のみを送る場合も多くなってきています。
基本的には家族が決めることですが、経験がないとなかなか分からないものです。
迷った時は、詳しい業者の方などに、アドバイスをもらうのも良いでしょう。
故人との大事な最期の別れの時間。後悔のないように、よく考えて決めたいものですね。

輝く葬儀の基本記事一覧