暮らしと葬儀を考える会

定年退職者が集う終活を考える社会人サークル

注目を浴び始めた家族葬

密葬から始まった家族葬という新しい葬儀形態

家族葬という言葉をよく耳にするようになりました。
知人であったり、著名人であったり、様々なシーンで「家族だけで」「親しい人だけで」と葬儀を執り行うケースが増えています。
少し前ならば、「密葬」という言葉がよくニュースなどマスコミで聞かれました。
この密葬と家族葬は定義が違うのですが、家族葬は密葬のような形態から派生した新しい葬儀と言えます。

密葬と家族葬の違い

著名人ですと密葬を行うことが度々あります。
その葬儀には沢山の人が弔問にくるため、先に家族だけで静かに葬儀を営みたいという思いがあるのだろうということが「密葬」から想像がつきます。
しかし、一般市民にはあまり関係のない葬儀というイメージもあり、身近なシーンからはあまり聞かれない言葉でした。
ですが、近年登場した「家族葬」という言葉は、そのイメージをより強めるものとなっています。
密葬のように本葬を行うことはありません。
そのため規模的には同様のものですが、このコンパクトな葬儀が本葬になります。
家族葬とはより身近に感じる表現であり、暖かみさえありますね。

家族葬ならば親しい者のみでゆっくりお別れが出来ます

実際、葬儀において家族は弔問客の対応に追われがちです。
斎場での葬儀も、自宅での葬儀も、休む暇さえない場合が多いです。
そして故人と最後のひとときを過ごす余裕さえあまりありません。
しかし、家族やごく親しい人だけでの葬儀ならば、静かにゆっくりと故人を偲び、最後のひとときを過ごすことができるのです。
また、宗派などによる違いもあまり気にすることなく、場所も斎場や自宅に限る必要がありません。

弔問客対応の負担が軽減されるのがありがたいポイントです

また、弔問客のなかには故人と接点のない人がいる場合もあります。
これは、町内や故人の勤めていた会社関係などに訃報が流れるためですが、全く接点のない人にまで参列を求めてしまう形になるのが心苦しいと感じ、生前から家族のみの葬儀を希望しておく人もいます。
このように高品質な家族葬儀のメリットはとても多く、予算面においても助かる葬儀の形です。
大切な人との別れをどのように過ごすのかを、生前から考えておくという人が増えています。
家族葬の「価値ある葬儀」- 費用も低価格で安心のお葬式で示されているように、家族葬はその選択肢のひとつとなっているのです

暮らしと葬儀を考える会新着記事一覧